だいちのめぐみ たべるよろこび ありがたい農 私たちのふるさとにたくさんの感謝の気持ちを実らせよう。

農林水産業の6次産業化

当公社は、「みやざき6次産業化サポートセンター(以下、サポートセンター)」として、本県の6次産業化推進を図っています。

1.「6次産業化とは」

農林水産業(1次産業)が、自ら生産した農林水産物を用いて、加工(2次産業)や流通・販売(3次産業)を一体的に取り組むことで、1次産業×2次産業×3次産業で表されます。

6次産業化とは?

みやざき6次産業化の手引き 〜「儲かる農林水産業」の実現に向けて〜

サポートセンターは、6次産業化の進め方や支援策等についてまとめたパンフレット「みやざき6次産業化の手引き」を作成しております。
冊子をご希望の方は、お問い合わせ下さい。


(PDFダウンロード)

2.「みやざき6次産業化サポートセンターが行う支援」

サポートセンターは、6次産業化に関する県内の総合相談窓口として、6次産業化を目指す農林漁業者の皆様に対し様々な支援を行っています(図1参照)。


@個別相談事業

サポートセンターは、6次産業化を目指す農林漁業者等の相談対応を行い、経営課題や目的に応じて「6次産業化プランナー(民間の専門家)」を派遣し、課題解決を図るほか、6次産業化・地産地消法に基づく「総合化事業計画※」の具現化支援(ブラッシュアップ)や認定後の計画実現に向けた各種支援(フォローアップ)を行います。

※総合化事業計画とは 六次産業化・地産地消法(平成23年3月施行)に基づく事業計画で、農林漁業者等が生産から加工・販売まで取り組む計画を国に申請し、農林水産大臣が認定するものです(図2参照)。


事業計画の認定後の主なメリット

  • 計画の事業化に向けて、6次産業化プランナーからのフォローアップがうけられます。
  • 新商品開発や販路開拓及び機械・施設設備の補助が受けられます。
  • 低利の融資制度が利用できます。
    (農業改良資金(無利子資金)の特例、短期運転資金等)

A「6次産業化地域相談会」の開催

サポートセンターは、県内の農業改良普及センターと連携して、毎月一回(水曜日)、「6次産業化地域相談会」を各地域ごとに開催し、地域に密着した6次産業化の相談対応を行っています。

6次産業化地域相談会の開催日程

6次産業化地域相談会の開催日程

※相談は予約制となっておりますので、相談希望の方は事前に各普及センターに連絡してください。
なお、相談時間は10:00〜15:00までの間となります。

B人材育成研修会(みやざき6次産業化チャレンジ塾)の開催

サポートセンターは、6次産業化を目指す農林漁業者等及び6次産業化を推進・支援する人材を育成する「みやざき6次産業化チャレンジ塾」や、県内各地での「ミニチャレンジ塾」を開催します。

Cセミナー・交流会の開催等

6次産業化に向けた各種セミナーや、農林漁業者等と商工業者とのマッチング交流会等を開催します。

リンク一覧

【相談窓口】
みやざき6次産業化サポートセンター
公益社団法人 宮崎県農業振興公社 新農業支援課
TEL:(0985)51-2011 FAX:(0985)51-8006
Copyright(C)MIYAZAKI Agriculture Public Corporation All Right. Reserved.